みんなに読んでもらいたい!家屋のリフォームに掛かる費用相場と安くするためのコツ

リフォームの費用が掛かるため可能な範囲負担を抑えたい時の情報

支払方法と税金控除

リフォームをする際、金融機関で住宅ローンを組むことも1つの選択肢となるでしょう。会社によっては30年以上の分割払いを選べるケースもあるうえ、年数が長いと金利も低めの設定にしているケースもあります。60歳以上のシニアなら、親子で住宅ローンを組む方法もあります。ライフスタイルに合ったプランを選びましょう。

住宅ローンの利用により、100万円を超えたなら減税の対象となります。10年間は残高の1パーセントが所得税からの控除を受けられます。なお、2019年以降に施工した建物の場合は控除期間が13年です。ただし、返済期間が10年以上のプランでなければ対象外となります。

その他、耐震やバリアフリーのリフォームなど、プラン次第では固定資産税の減税も受けられます。気になる場合は、業者若しくは税金の専門家に確認したり、自分で情報収集をしましょう。

補助金を利用するなら

補助金を利用して費用負担軽減を図るのも、賢くリフォームをするために必要な手段となります。例えば、一定の省エネ効果が得られる断熱材の補強や高断熱化のリフォームをすれば、補助金の対象となります。最大で、断熱リノベであれば120万円、次世代省エネ健建材なら200万円です。

耐震性の強化や劣化部分の補強のような長期優良化リフォーム施工をすれば、用途に合った補助金を受けられます。また、最大で300万円です。見積もりや相談をする際に、補助金申請の話題を出すのも1つの方法です。その他、市町村単位で補助金制度を設けている場合があります。

なお、各種補助金を受ける際、対象期間を設けていたり年収によっては受けられないケースもあるので注意しましょう。