みんなに読んでもらいたい!家屋のリフォームに掛かる費用相場と安くするためのコツ

部分リフォームは安く済む?

水廻りの施工なら

水廻りは、建物のリフォーム施工にあたり良くする場所の1つです。キッチンであれば、機器だけでもスタンダードタイプで約50万円、ハイグレードであれば約100万円が目安となります。別途食洗器つけることや素材の品質を上げるなどすれば、更に費用が嵩みます。

トイレは、スタンダードで約20万、ハイグレートなもので約40万円を目安としましょう。オプションで脱臭や自動洗浄機能を加えると、数万円程度掛かります。

洗面台であれば、スタンダードタイプで約20万円、ハイグレードになれば約60万円となるでしょう。鏡を汚れにくい素材にするなどのオプションを加えると、別途費用が掛かります。

なお、各施工職人への工賃も加わります。予算面で気になる場合は、事前に見積もりをしてくれる会社に確認しましょう。

増改築などその他リフォームをするなら

増改築をする際において、費用面は住宅の構造により変わります。

木造住宅であれば、2畳で約70万円となり、以後2畳増えるごとに同額の費用が掛かります。8畳であれば約280万円となります。また、鉄骨住宅で2畳で約100万円を見込んでおきましょう。更に、2階部分を増築する場合や耐震施工も加えると、更に費用が増します。

ベランダやバルコニーのような屋外の窓部分を増築の際には、約30から50万円を1つの目安にしましょう。ただし、後付けのバルコニーにする際、スペースの確保が困難なことや構造上見栄えが悪くなる場合も想定されます。予め専門業者に建物診断をしたうえで、施工の可否を確認しましょう。

費用を安くするため、内外装の施工をセットでしてもらうようにするのも有効な手段となります。新たに家屋を購入するよりは安く済むでしょう。なお、大掛かりになれば500万円以上は見込んでおきましょう。