みんなに読んでもらいたい!家屋のリフォームに掛かる費用相場と安くするためのコツ

リフォームに掛かる相場を確認しましょう

全部リフォームするのも良いが選ぶのも必要

リフォームをする際に、一つの判断基準は1981年以前か以後かも確認しましょう。それ以前であれば、耐震基準を満たしていない建物が多いです。通常のリフォーム以外に建物強化を必要となれば、相当な費用が掛かります。場合によっては、1,000万円以上も想定されます。1981年以降の建物なら、耐震強化されているため補強に掛かる費用は不要となります。

子どもや孫がいる家庭の場合は、当面は同じ建物で生活をするようになるでしょう。しかし、シニア夫婦だけの住まいや独り身の世帯であれば、コスパの面では悪くなりかねません。その場合は、必要最小限の所だけリフォームをする方が良い場合があります。各種建築会社なら見積もりや相談を無料でしているので、気になる場合は依頼しましょう。

施工期間中は同じ建物には住めない

リフォーム期間中は、全体を施工してもらうなら、仮住まいの確保が必要となるでしょう。その際は、賃貸物件の入居に掛かる家賃や引っ越し料金も別途必要となります。最近は家財道具や家電製品付きの建物もあるため、賢く利用をすれば費用面の節約にもなります。また、施工期間をできるだけ短くしてもらえれば、家賃は抑えられます。

荷物を置く際のトランクルームも必要となるでしょう。リフォーム期間中に概ね使用しないものを、トランクルームに預けるようにすれば、生活への負担が軽減されます。その他、工賃とは別に請負契約をした際の印紙代や税金をはじめ諸費用も発生します。

しかし、業者によっては口約束で見積もりを済ませて追加料金を徴収するケースもあります。トラブル回避のため、予め見積もり書作成をしてもらいましょう。